定期預金 比較 ランキング

定期預金や定期積立の違いだけじゃなくメリット等も知りたくない?

メリットはある?

定期預金や定期積立違いだけじゃなくメリットを知りたいとは思いませんか?ただ積む、ただ預金をする、これだけではどっちにお金を預けたってかわりません。何が違うのか、どんなメリットがあるのか、それを知った方が良いに決まっていますよね。

適当に決めても後で後悔しませんか?

定期預金にしても、定期積立にしても、双方どちらもがあなたの大切な預金を増やすことの出来る素晴らしい預金方法です。ただし双方ともにデメリットやメリットが存在しますから、これを知らずに適当に決めた方に入れてしまってあとから「しまった……あちらにしておくべきだったか」と唸っても後悔しても遅いのです。

定期預金

定期預金は最初にあなたの預金を300万円ほど預金したとします。これを預け入れてから三年後には車の購入費用にあてたいと考えています。少しでも増えたらうれしいと思っての預金です。

さて、上記でも述べた通り三年間の間は、定期預金は預金の引き出しが出来なくなってしまいます。これが定期預金のデメリットと言えるでしょう。自分のお金ではありますが、引き出せないお金がここで生まれたということです。

ではメリットはどういったものなのでしょうか?メリットは普通預金に比べても定期積立に比べても、利率が良いということでしょう。預金の流動性が全くといっていいほどに失われますが、そのかわりに利率が良いのがメリットなのです。

定期積立

では定期積立の方はどうなのでしょうか?定期積立は最初の契約のときに、毎月これくらいの積み立てをすると、金額と期間を定めます。そして満期が来たらその額をそのまま普通預金に預け替えるなどするタイプがほとんどであり、定期預金のように銀行の窓口にいって受け取る形ではありません。

定期積立は毎月自分で積み立てを行うか、自動で振り替えするかのどちらかですが、ほとんどの場合は後者を選ぶため、自分で行く人はほとんどいません。そして指定日以外で積み立てを行うことも可能ではありますが、金額などは窓口などで変更したりするため、バラバラの金額を毎回適当におさめるということはできません。

デメリットとしては毎月の指定日にきちんと振り込みを行えなかった場合、積立がその月の分出来なくなるということがあり、少々厄介と言えなくもないですが、これは積み立てがひと月分出来なくなるくらいでデメリットと言われてもそこまで大きなものではありません。それと同時にメリットも定期預金ほどの金利でもないためあまりメリットらしきものもないと言えるでしょう。

無理せずお金を増やすことが目標です

金利はどこの銀行を選ぶか、そしてどれだけの期間を預け入れるかなどにより変わってきますが、どれを選ぶかは自分の身の丈にあった形で選ぶこと、これだけは忘れないようにして行ってみてください。無理にたくさん積んだとしても、長い期間おさめたとしても、その無理はどこかにいつか響いてきます。これくらいなら大丈夫だろうと思えるだけ預金する、積み立てる、このように決めて預金すればお金は自然と増えるものです。

定期預金の仕組みってどうなってるの?満期まで引き出せないは本当?

引き出し禁止?

定期預金の仕組みについて、あなたは知っていますか?詳しく説明できますか?ぼんやりと知っているだけでは説明したくとも説明出来ないこの仕組み――定期預金というものが、満期までお金を引き出したくとも引き出せないと言う、そんな仕組みを知っていますか?

自分のお金のはずなのに、なぜか積みいれたお金が引き出せません。そんなふうに言われてしまうと首をかしげてしまいますよね。それが仕組み、それが当たり前、そんなことを言われても、そもそも定期預金そのものがいまいち理解できていなければこんなことを言われてもなんのことやらというものでしょう。

そもそも定期預金とは預け入れてから一定期間は引き出せない預金のことであり、満期までの間、原則的にその預け入れた預金を引き出すことが出来なくなると決まっているものです。そのため固定されてしまったそのお金を引き出せないからこそ、お金にかなりの余裕がないと出来ない預金と言えるでしょう。定期預金の金利を調べるならここ!

預入期間

預け入れ期間というものが設けられており、定期預金の預入期間は最短が一か月――この場合はほぼ増えないような状態で返ってくるのであまりおすすめされませんが、短い期間からも出来る、このことだけは覚えておくとよいでしょう。ほかにも二か月、三か月、半年、一年などなど。取り扱っているところによってはですが、最長で十年というところもあるようです。満期は自分でどれにするか選べますから、これくらいの間だったらその預金に手を付けずにいても良いだろうと思える期間で定期預金を始めてみましょう。

次に金利ですが定期預金は預入期間と預け入れる金額によって金利そのものが大きく変わってくるものです。そのため金利を増やしたいならば預け入れる金額と預入期間を大きくすると良いでしょう。ただし、無理に大きく増やし過ぎることによって、あなたの生活などに支障がきたしてしまえば無意味ですからほどほどにしておかねばなりません。

中途解約

そして満期という、その預金預け入れ期間が来るまでの間、預金を引き出すことが出来ないわけですが、どうしても必要になれば引き出すことも可能ではあります。ただし、そこで行われるのは中途解約と言われる行為になります。つまりは、契約を途中で解約するということです。

自分の預金なのに?なんて思われるかもしれませんが、定期預金というものはこの期間はお金を預け入れると約束したものですから、それを途中で解約してしまうと当然、銀行側の約束もなくなります。だって当たり前ですよね?先に預け入れる期間だと約束をしたのにそれを保護にするのは中途解約を申し出た側なのですから、銀行側だって全てを守らなければならない道理はないのです。

銀行と約束したのは金利です。これだけの期間預からせていただければこれだけの金利をつけます――これがなくなるのです。つまりは利子部分の利率が下がってしまうということ。ただし定期預金を途中で解約したとしても、中途解約利率が適用されますから、当初予定していた定期預金利率より低くなると言うだけで、預け入れた額が減って戻ってくると言うわけではありません。

もっと貰えるハズだったのに!は、結構きついものです

お金が減るわけではありませんが、折角積立を途中まで頑張っていて、あとこれだけの期間預け入れていればもっと大きくなってお金が返ってきたのに!なんて悔しい思いをする可能性もあります。だからこそ中途解約は結構きついペナルティを設けていると言っても過言ではないのです。

確実に利子としてもらえる額を欲しいと願うならば、お金に余裕のある時に預け入れるようにしましょう。無理に積み立てしても、必ずそのお金が必要になる時がくるでしょう。それでは定期預金し続けることは困難になることは必至です。

初めての定期積立口座運用、口座さえ作ればATMで預け入れも出来る

口座にお金を入れる、その入れ方も分からない

初めての定期積立口座の運用となると、銀行員に説明を受けてもよくわからないということもあるかもしれません。とりあえず普通に銀行で積み立てをすればよいのか、それともほかの使い方も出来るのか――なんてあなたは定期積立口座を作る前から面倒くさいだろうと悩んでいませんか?

実は口座さえ作ってしまえば定期積立口座の運用は、いちいち銀行にいかずともよくなってしまうって知っていましたか?毎回銀行にいってお金を預けて……こんな面倒なことをせずに済むんです。今の時代、ATMで預け入れが出来てしまうから、面倒くさくないんですよ。

今更聞けない?

銀行の定期積立口座に預け入れをしたい、けれど毎回銀行まで足を運んでいるひまがないと言うことで、諦めている人もいるようです。定期積立を諦める――そもそも定期積立そのものをよく分かっていないと言う人であれば、このように自分には無理だと最初からあきらめてしまうことも少なくないようです。

そもそも定期積立というものは、定期預金とは違い、最初に決めた額――ほとんどが多額となる預金を専用の口座に入れてしまうわけではありません。定期積立の場合は専用口座を作ったと同時に、そこに自分で自分の好きな金額――少額を定期的に積んでいくものなのです。

そのため口座そのものの運用は、多額というわけではないために、口座にATMから預け入れることも可能なのです。ですから店舗までいってお金を積むのが面倒くさいとか、そんなことで積み立てなどの資産運用を諦めているのであれば、さっくりと定期積立口座を作って運用を開始してしまいましょう。

ちょっと積みたいが難しいのかと躊躇しないで

ほとんどの場合、定期積立口座を作る人は、給与などから天引きする形で自動積立してしまうものです。ですがそうではなくて自分の好きな分だけ、その時に生まれた余剰分も積み立ててしまいたいと言うときに「毎回銀行に行くのはちょっと」と考えるようです。

口座を作る前の段階で躓くのはあまりにもナンセンスですが、知ってしまえば「なんだそんなことなの?」と、案外拍子抜けするようなのが真実というものです。あなたもこれを機会に定期積立してみませんか?

積み立てが終わった時に返ってきた金額を見て、ちょっぴり驚くかもしれません。積んでいる最中は少額を積み重ねていくため気が付いていなかったでしょうが、気が付けば大きく膨れて戻ってくるのです。想像していたよりもそれは大きな額となって戻ってくることでしょう。それも、少々の色を付けて。これはちょっとうれしいことですよね。
(⇒ちょっとでもいいからお金を増やしたい人挙手!定期預金や定期積立について知る!

定期預金と定期積立とはどのような違いがあるの?同じようで違う秘密

二つの違いはなに?

定期預金と定期積立、これらは同じ定期預金に分類されるものですが、同じではありません。ではその違いはどのようなものがあるのでしょうか?同じようで全く違う部分、それについて知ることが出来れば、少しは金融単語に詳しくなれるでしょうから、その違いについて知りたいですよね?

預け入れた金額にプラスアルファは同じもの

定期預金は基本的に最初に金額を決まった期間預けておき、その期間が終了したときを満期と言うのですが、そのときに預け入れた金額を初めて受け取ることが出来るようになります。もちろんそれには利息がくっついてきますから、預け入れた金額プラスアルファを受け取ることが出来る、これが定期預金です。

では定期積立はどうかということですが、定期積立は毎月決まった金額を決まった期間、専用の口座を作り、そこに預け入れていくものです。こちらも期間が満了時に受け取ることの出来る金額プラスアルファですが、受け取れる利息が少々違ってくるのです。どちらも同じように金融機関に預け入れている金額にプラスして利息がもらえるというのは変わらないのですが、少し違うのです。

その違いとはなにか?

何が違う?その答えは預け入れ方の違いがそのまま顕著に出るものでした。定期預金の場合は、最初に普通預金にちょっとした余剰金が出来たので、これを使う予定もないので――そうですね、仮定として100万円ほど貯金があったので、半分は何かあった時の為に残しておくとして、その半分である50万円を定期貯金に回すことにしたとします。

すると預け入れは50万円×1回の預け入れとして、定期貯金に回されたものとします。これを期間は一年でも五年でもいいとして、預け入れたと考えましょう。すると受け取れるのは50万円×1回=50万円+利息となるのです。

では定期積立はどのようになるのか。こちらの場合は給料から2万円ほど預け入れした、これを3年繰り返したこととします。すると3年ですから12か月を3回――つまりは2万円×36回=72万円+利息となるのです。

定期積立の場合は毎月定期的に積み立てを少額でしていくものであり、定期貯金の場合は最初にこれだけ預けると決めた金額を預け入れるものです。そのため最終的に受け取れる金額に対する利息というものは、定期貯金の場合、最初に預け入れた金額だけで決まってしまうものになるのです。ただし、定期貯金のほうが利息は高く設定されているのが普通です。

今あなたは貯金することが出来ますか?

どちらが良いのか、あなたの大切なお金を預け入れる方法にもっと迷うことになってしまったと言う人もいるでしょう。その時は今お金を一気に預け入れることが出来るのかどうかを考えてみましょう。それとも定期的な収入から毎月でも動かせるお金があるのかどうかなどでも良いですね。一度自分の貯金や収入から出てくる余剰金について考えてみて、どちらであれば自分は預金をすることが出来るか考えてみましょう。すると即座に答えは出てくるはずですよ。

定期預金、定期積立等について教えて!貯金する方法が詳しく知りたい

知らないから手が出ない?

定期預金や定期積立など、金融商品はたくさんあります。けれどその商品名を聞いても「なんだかよくわからない」とつぶやきを漏らす人も多いはずです。実際にお金を増やしたいと思ってもあなたがそういった金融商品になかなか手が出せない理由も、そこにあるのではないでしょうか?貯金する方法が知りたいですよね、さらにはこのご時世ですから少しでもお金を増やす方法があるのであれば、知りたいはずです。

定期預金と定期積立ってなあに?

そもそも定期預金とは何かということですが、預金というものは銀行や信用金庫、信用組合や労働金庫、これら金融機関が取り扱っている商品です。金融機関が利用者から預かっているもの。将来に元本の支払いを保証するもの――これが預金です。その預金には二通りあり、そのうちの一つが定期預金になるのです。

これは私たち利用者が普段使いするもの――この場合指すものは普通預金などですが、日常的に給与などの振込先として使われる普通預金――これとは違う、払い戻し期間まで引き出しの出来なくなる預金。これこそが定期預金となります。

ではそれとは違い定期積立はなにかというと、こちらは定期預金の一種であり、預入期間及び預入金額を、事前に定めておきかつ、定期的にその定めた金額を預け入れることで積み立てを行うものです。利率で言うならば普通預金よりは高いため良いのですが、定期預金よりは低くなっているので増やしたいという目的だけで言うならば、定期預金のほうがダントツで良いのではないでしょうか?

二つの違いが決定的なのは、利率が違うというもの

この二つの預金について、もう少し詳しく噛み砕いて並べるとすると、定期預金は一口単位で預け入れできるものであり、期間を定めて一口から行えるものである、そのような商品です。これには証書や通帳に預け入れるものですが、定期積立の場合、これは利率がもとより確定しているものであり、毎月決められた金額を掛け金として積んでいくものです。こちらは証書で預け入れるものとなっています。

さらにそんな定期積立には名前が似ていても違うものである、積立定期預金というものが存在しています。これは定期預金と利率が同じ預金であるので、そこの点が間違いやすいので注意しましょう。

詳しくは検討中の金融機関でどうぞ

定期預金に定期積立、これらは銀行などの金融機関によっては取り扱っていない商品も出てくることでしょう。特に定期預金はそれこそ最長が5年のところもあれば、10年なんてところもあります。そして利率も金融機関によってずいぶんと変わってきます。

ですからお金を増やすことを重視したいのであれば、いつも利用しているからと適当な銀行で済ませずに、少し近所の金融機関へ足を延ばして取扱い商品についての情報を得る努力をすることをおすすめします。もしくは金融機関のホームページなどで情報を得るというのも良いでしょう。
(⇒定期預金と定期積立の双方のメリットとは?

普通預金よりも定期預金がオトクなんです!4倍の秘密ってなに?

4倍の不思議

普通預金よりも定期預金のほうが、預金をするのであればオトクなのです。さて、オトクなその秘密ってなんでしょうか?実は普通預金でお金をただ何の考えもなく預金するだけよりも、定期預金に預金しておくほうが、利息が4倍になって返ってくるんです。4倍なんて聞いてしまうと、なんだかものすごくオトクな感じがしませんか?

金利はつかない、嫌な時代

時代は超低金利時代に突入し、どこにどう預けたからといっても、全くと言っていいほどにお金は膨らんでいきません。預け入れた時とほとんど変わらないままのお金に、あなたも預金通帳を見てはため息をついているのではないでしょうか?

昔であれば普通預金でもある程度お小遣いみたいに定期的に引き出しても懐が痛くないくらいにはお金がたまりました。けれど今現在では普通預金は口座の中に入れっぱなしでも全く増えていきません。

だからこそ最近は株の運用だの副業だのと、インターネットでちょっと調べるとわんさかそこらへんの情報があふれかえっているような状況です。情報があふれるということは、それすなわちその話題がいま求められているということですから、なんとも世知辛い世の中になったようだと言わざるを得ません。

普通預金と定期預金の差が顕著なのはここです!

今現在普通預金の金利はかなしいことに0.001%~0.020%なんて言われています。そして定期預金の場合は0.100%~0.250%とかなりの高金利。普通預金に預金を突っ込んでおいたとしても、税金を差っ引かれて最終的に利息としてついてくる利子は一円単位です。

それに比べて定期預金はそれの数十倍からとなっていますから、その差は歴然というものでしょう。さらには五年や十年も同じだけの預金を口座に入れておくだけで、およそ4倍なのですからこれで普通預金にただ預け入れておくなんていうのは、ちょっともったいないというものでしょう。

ペナルティがかなり大きいというのは痛いところ

ただし中途解約をするとデメリットが発生してしまいます。そのてんは普通預金しか使ったことの無い人には理解しがたいものなのかもしれませんが、預け入れただけのはずが、原則的に動かしてはいけないお金を動かしてしまっただけで、中途解約となって全くと言っていいほどに利子がついてこないのです。これでは預けただけの期間、損をしたようなものでしょう。

ですから預け入れるのであれば、ただ普通預金に理由もなく預け入れるのではなく、定期預金にすべきでしょうし、またそれと同時に定期預金するのであれば、かならずそのまま満期まで動かさないと決められる額だけ入れるようにしましょう。ある意味では強い意志が必要になることではありますが、お金を増やしたいのであれば、それくらいは守りたいものです。

個人向け国債が勧められる秘密、定期預金と比較してみた結果とは?

国債と定期預金、どちらが良いのか?

個人向け国債が最近とみにすすめられるようになってきました。けれどなぜ国債はすすめられるのでしょうか?安心で安全にお金を増やせるということでもてはやされている定期預金ですが、これと国債を比較してみた結果、知りたくないですか?

その差は段々とつまってきている

個人向け国債、これの購入は、郵便局で即日完売してしまうほどの超人気であった商品ですが、現在は金利も随分と下がってしまったため、定期預金との差はそこまで広げられているものではありません。ただし国債が優位であるのは今もかわりありません。

けれどそこまでその差は歴然としたものではなくなってきているのもまた事実です。昨今ではインターネットが普及しているおかげで、インターネットを利用した、店舗を持たない銀行が増えてきています。

そのおかげで店舗に回す分のお金が浮いたことにより、定期預金の金利を高く出来るインターネットバンクの定期預金が出現したのです。そのため通常の銀行、その店舗で預け入れることが出来る定期預金より、インターネットバンクの定期預金は国債と利率が近いため、その差は詰まった形になりました。

利息の受け取り方法が違う

ではその利息の受け取りですが、そもそも銀行の定期預金は満期に全額を一括で受け取るものになりますが、個人向け国債には利息の受け取りに関しては独自性があり、半年ごとにいくらと、決まった額が受け取ることが出来るのです。

ですからお金が少しずつ増えていくのを実感したいのであれば個人向け国債はかなりうれしいタイプの預金となるでしょう。ちょっとしたお小遣いのようなものが半年ごとではありますが、受け取れるのです。これは定期預金にはないものですからちょっとしたサプライズのようでうれしいですね。

この二つのメリット、デメリット、ペナルティは?

では定期預金と個人向け国債の各々のメリットである利息ですが、デメリットである中途解約時に発生するペナルティはどうなのでしょうか?銀行ではこの定期預金を中途解約してしまうと、どうしても受け取れる利息が少なくなってしまいます。国債の場合はそもそも中途解約が出来るのでしょうか?そこからして疑問でしょう。

個人向け国債の場合は、銀行と違って最短の期間であっても、三年と長期間になります。三年、五年、十年の商品があり、基本的には満期まできちんと持っていないと圧倒的に不利なのは定期預金とかわらないのですが、その期間内で解約は原則不可能となっている時期があります。たとえば五年の個人向け国債ですが、こちらは二年間の間は完全に解約が不可能とされており、三年目に入ると解約がようやく出来るようになるのです。

ペナルティは利点にもなる

ある意味では中途解約が出来るのはペナルティやデメリットであるとだけ考えずに、利点と考えても良いでしょう。完全にそのお金が使えなくなるというわけではなく、中途解約することで使えるようにまたなるとも考えられるのですから。ただしその際にはどうしても運用の効率は悪くなってしまいますから、なるべくでしたらこの方法を取らずにすむようにしたいものです。

これらを比較してみてわかる通り、今も国債は人気です。けれど、年に四度しか国債は発行されないと決められています。その期間内で国債を購入することが出来なければ国債を持つことも出来ないので注意しましょう。そのてんは定期預金とは全く異なり、不便を強いられる面ではあるのは仕方ないでしょう。

定期預金先の銀行を選ぶには?利息はあまりあてにしないって本当?

あなたは何をもって定期預金の預け入れ先を決める?

定期預金先の銀行を選ぶとき、あなたならば何をもって選びますか?金利と答える人が圧倒的に多いでしょうが、この超低金利時代ですから、ほとんどその差はないようなものです。ではこの金利――利息をあてにしないのであれば、何をもって銀行を選ぶのでしょうか?

初めて作る普通預金口座や定期預金口座はどこ?

とりあえず一番最初に作られる口座は、近所の地方銀行の口座、もしくは全国各地どこにでもあるような大手の銀行口座、もしくはこれまた全国各地どこにでもあるような郵便局のゆうちょ銀行の口座――そのどれか、もしくはどれもを作ることでしょう。

ですがそれは普通預金まででしょう。大人になって自分で定期預金口座を作ろうと考えたとき、さてどこの金融機関を利用しようと考えるでしょうか?どこの銀行で定期預金に預け入れるか、どのようにして決めるのでしょうか?

低金利の今だからこそ、選ぶ

今現在の超低金利時代では、それこそ億単位で定期預金をするならばまだしも、100万円程度しか銀行に預け入れられないとするならば、選ぶということもほとんど無意味かもしれません。それこそ1000万円以下であれば、定期預金では利子をあてに銀行を選んでも、ほとんど利子が子供の小遣い程度しかつかないくらい今の時代、もらえないのです。

けれど銀行をあえて選ぶという場合、そのほか何か特典があって選ばれることがほとんどです。利子がつかないのですから、ほかになにかメリットらしきものでもなければやっていられないということでしょう。

定期預金もそうですが、給与振り込みや公共料金の引き落としなどの取り引きを、あなたがメインバンクとしている銀行にすることで、将来住宅ローンやマイカーローンなどが必要となった時、実は通りやすくなったりとする特典があるのです。

多額のローンになるこれら、最近ローンの審査が厳しいため、この特典はうれしい限りでしょう。ですから残高が1000万円を超えるようであればいくつかの銀行に分散して預金していくと、破たんなどのリスクもなくなり、特典なども複数得られてなおよいでしょう。

まとめ

このほかに手堅くいきたいならば国債にするという方法もあります。銀行を選ぶということが出来ないのであれば、いっそのこと国債に手を伸ばしても良いのかもしれません。預金を増やしたい、けれど銀行が選べないというのであれば、利率も良いですが、ほかに目を向けることも手ですよ。

自動つみたて定期預金と定期預金の違い、あなたはどちらを利用する?

自分だったらどちらにする?

自動積立定期預金と通常の定期預金の違いってなんでしょうか?そもそもなにが自動積立なのかいまいち分からない人も多いようです。金融用語はとにかく似たような名前が多く、覚えにくいですが、とりあえずあなただとしたらどちらを利用しますか?

定期預金と自動積立定期預金とはなにか?

定期預金に自動積立定期預金、お金を貯めたい、そして増やしたいと思ったけれどいまいち違いというものがわかりません。この二つが普通預金――総合口座にセットできるものだというのは銀行で説明を受けることが出来ますが、金融関係に関して全く知識がないと、何を言われているのか、その説明の段階でさっぱりわからなくなってしまうものです。

普通預金口座とセットで出来る預金である定期預金と自動積立定期預金――定期預金は一か月という短期間から10年間もの間の長期間預け入れることの出来る預金であり、銀行によっては中途解約が完全に満期まで出来ないものもあるなど、その商品の形態は様々です。

では自動積立定期預金はなにかというと、こちらは給与振り込みなどからそのまま自動振り替えなど定期的にそして自動的にお金がその定期預金口座に振り込まれる形にするものです。通常の定期預金は一回で多額の定期預金をするものですが、一度一度の定期預金になるのがこちらのタイプになるのです。

そして自動積立定期預金は手元にあるお金にちょっとした余裕があった場合、ATMなどを使い追加で預け入れることも可能になっているのです。そのため急に大きなお金を用意できなくとも、預金したい気持ちはある!こんな人にぴったりの預金ということですね。

どちらにするか決めるには?

自分のスタイルにあわせて預金する、それにはこの二つのどちらかに決めるだけでも全く話は変わってくることでしょう。そして自分の預金に対してそこまでマメになれるかなれないかなど、そういった心構えなどによってもかわってくるはずです。

預金ってそもそもなに?普通預金と定期預金の違いを明確に説明して!

この二つはどう違うのか?

預金ってそもそもなんでしょうか?普通預金と定期預金の違いもそうですが、説明を求められると分かりにくいものがあります。人によってはたまたま銀行で住宅ローンの話を聞くことになった時にそれらの違いを説明されて、初めて理解したなんて人もいます。ではこの二つの違いを今回は説明させていただきます。

リスクがない預貯金の増やし方

お金を貯めようと思ったらあなただとしたらどのような方法をとるでしょうか?貯金箱に地道に貯める道を選びますか?それとも株で一儲けしてしまう?それとも副業でがんがん稼げるものを探しますか?

インターネットなどで貯金について調べると、定期預金が放っておいてもお金が増えるということで人気のようです。確かに株などとは違ってリスクもないまま増やせるというのは人気が出るだろうと合点がいくものです。けれどその前に、定期預金とはなんでしょうか?

二つの違いとはなにか?

定期預金とは一定期間の間、預金を自由に引き落とせないと制約がついてしまうかわりに、期間が終了したと同時に元本に利子をつけて返ってくるというものです。これに対して普通預金というものは、いつでもお金を引き落としたり預け入れたりと、常に動かすことの出来る流動性のある預金のことです。

普通預金は基本的に総合預金と言って、これを持つことで定期預金に預け入れることが出来たりと、この預金がないと話にならないような基本の預金とされるものです。けれど定期預金などは預け入れる人はそれこそ、自分の収入などに余裕がある人と決まっています。

余裕があるなら定期預金を運用するのも良いでしょう

どちらも銀行に預け入れることにより利息がついていくものです。けれど普通預金のそれと定期預金のそれでは、金利がまったく違ってきますから、返ってくる利子も全く違うものになるでしょう。そのため、普段引き出しとして使える普通預金にお金を預金して貯めるつもりもなく適当に運用しているのであれば、余裕があれば定期預金に預け入れてしまって少しでも増やすということを考えてみても良いのかもしれません。
(⇒定期預金の口座を作ろう、初めての口座運用

1 2 >